プロフィール

日本の行事・歳時記研究家。文筆家。新聞や雑誌、WEBにてコラム・挿絵を執筆。企業アドバイザー。ラジオ、TVなどのメディアに出演。ライフワークは季節のしつらいと祈りのかたちづくり。築80年の日本家屋スタジオ秋谷四季、東京、鎌倉、名古屋などで、季節のしつらい教室を開催。日本の行事の源流に触れつつ、現代のくらしや世代に合わせて提案。中日新聞、東京新聞の連載「くらし歳時記」は11年目。著書は、ロングセラーの『おうちで楽しむにほんの行事』(技術評論社)をはじめ『七十二候で楽しむ日本の暮らし』(KADOKAWA)、『口福だより』(小学館)、『知っているとうれしいにほんの縁起もの』(徳間書店)など25冊。新刊は『鳩居堂の歳時記』(主婦の友社)。NHK文化センター講師。

お仕事
文藝春秋 講談社 主婦の友社 技術評論社 幻冬舎 三笠書房 KADOKAWA 小学館 徳間書店 宝島社 マガジンハウス 世界文化社    家の光協会 ソフトバンククリエイティブ PHP 扶桑社 阪急コミュニケーション 朝日新聞出版 読売新聞 東京新聞 中日新聞 朝日新聞 銀座三越 れいろう 東急 NHK文化センター CHANEL   NHK   パナホーム MY LOHAS 三井不動産 草花木果 TBS   TOKYO FM  FM横浜 J−WAVE FMブルー湘南 春華堂 SUNデザイン研究所   鎌倉きものせいた 鎌倉ロータリークラブ 第一園芸  葉山文化園 高島屋 JA 作法協会

講演/トーク/対談実績

■月待ちの会を開催します。北鎌倉 円覚寺塔頭 龍隠庵

「三日月を待つ夕べ 月待ちと夕膳」のお知らせ

今年も葉山文化園の企画で、北鎌倉 円覚寺 龍院庵さまにて月待ちの会を行います。
昨年の十三夜に続いて今年は「三日月待ち」。
季節の室礼でお迎えし、月にちなむお話をしたいと思います。
夕ざりの中、暮れ行く空にほれぼれとするような姿を現わす三日月を待つ試みをします。

月待とは、ご縁で集まり、のぼってくる月を待ちながら歓談し、お経を上げた日本の行事の一つです。

様々な祈りを込め、目に見えないものやコトに思いを馳せ、集い楽しむのです。
和尚さまに諷経をいただきながら、日常をしばし離れ、禅寺の場で空を仰ぐーー。
そんなひと時を皆さまとご一緒したいと思います。

また、この日は土星、木星、金星、さそり座など、月に寄り添う宝石のような星々の輝く宵。

晩秋も深まりを見せ、台風をしのいだ樹々の葉がより一層、愛おしい日々。
そろそろ色づきを見せる北鎌倉にて、
皆さまとご一緒できることを楽しみにしております。

ご参加お待ち申し上げております。

【月待の室礼とお話 】 広田千悦子
【月待の諷経】 円覚寺塔頭 龍院庵 太田周文和尚
【夕膳 】 月にちなむ膳 お飲み物 抹茶と茶菓子

11月1日(金)残席わずか
11月2日(土)満席(キャンセル待ちとなります)
両日とも、15時半から19時まで

参加費 15000円(税込) (お食事、お飲み物全て込み)

お申し込み 葉山文化園 0468763188 反田まで または akiyashiki12@gmail.comまで

■着付学術会様のお招きで講演させていただきました。7月17日

着付学術会さまにお招きいただき
赤坂のホテルニューオータニで講演しました。
講演のお題は「着物のならわしとお盆のしつらい」。
袖に特別な力があると考えた日本人の想いや、
お盆のしつらいから読み解く独特な発想などのお話をさせていただきました。

少しずつ、講演のテーマも増えてまいりました。
○古を稽へて今に照らす
○季節の愉しみがもたらすもの
○季節のしつらい
○日本の行事を楽しむということ
○くらしの祈り、行事としつらい
○くらしの古典
○季節と行事の記憶

大きな場でたくさんの方々にお話させていただく機会を、
これほどまで好きになるとは—―。思いもよらなかったことです。
ご一緒させていただく方々と、何か目にみえない気持が静かに通い合うような、
一期一会の時間となりますように。

様々な方々との出会い、ご縁がありますように。

■2019年季節のしつらい教室 秋谷教室第三期 はじまります。

季節のしつらい、秋谷四季教室、今週末から第三期がはじまります。第一回目のお題は、桃の節供。海や山の力を借りて邪気払いをしたという系譜のしつらいもの、貝花を作ってまいります。今回はとっても美しい日本産のハマグリを分けていただきました。
教室では毎回、さまざまな行事の源流に触れながら、自分らしい祈りのかたちを、しつらいに託していきます。秋谷四季教室の会場は海と山に恵まれた築80年の日本家屋スタジオ秋谷四季。季節のうつろいに身を委ね、自分らしさを思い出す時間、積み重ねていく時間になりますように。

季節のしつらい 秋谷教室 祈りのかたち/第三期 2019

金曜クラス/残席のこりわずか
土曜クラス/残席ございます
10回通しでお申し込みの方は、残席がある時に限り
別日に変更することができます。
単発でのご参加も可能です。

①2月22日(金)23日(土) 桃の節供 貝の花
②3月29日(金)30日(土)花祭 山桜の花見 仏陀の誕生
③4月26日(金)27日(土) 端午 薬狩りの日
④6月21日(金)22日(土) 夏越の祓え 茅の輪
⑤7月5日(金)6日(土) 七夕の意味
⑥8月9日(金)10日(土) お盆 精霊を迎えるしたく
⑦9月6日(金)7日(土) 月見 十三夜と十五夜
⑧10月4日(金)5日(土) 菊の節供 菊のしつらい
⑨12月20日(金)21日(土) 正月のしたく 歳の市
⑩1月24日(金)25日(土) 節分 立春と旧正月のしつらい
※季節の茶とお八つ付き ※内容や日程は変更になることがあります。

会場 日本家屋スタジオ秋谷四季
時間 14時から16時(内容により前後することがあります)
教室代 単発参加 5000円  10回通し参加45000円
お申し込み お問い合わせ akiyashiki12@gmail.com

2019年のためのお正月のしたく 秋谷四季

日本家屋スタジオ秋谷四季でのお正月飾りのお知らせです。今年のしめ縄は亥年のしめ縄。青藁でしめ縄やお正月飾りをつくってまいります。

①12月21日(金)満席②12月22日(土)満席③12月23日(日)満席④12月24日(月・祝)(残席4)⑤12月25日(火)(残席4)⑥12月26日(水)(残席2)教室代¥5000(講座、お茶菓子込み)(材料費別途)会場 日本家屋スタジオ秋谷四季
時間 すべて14時〜16時半頃まで

今年はご友人やご家族のためのお飾りも販売する予定です。
皆様と今年もおめにかかれることを楽しみにおまちしております。お問い合わせはakiyashiki12@gmail.comまで。
詳細はあらためてまたお知らせさせていただきます。

■第一園芸の連載「花毎」(はなごと)第八話。十薬と山苔。

花を知り、楽しむ「花毎」(第一園芸)さんでの連載第八話。しつらいは山苔に十薬。梅雨前の精進につながりますよう、祈りつつ。山苔は葉山文化園さんでの展示で花祭を盛り上げてくれた一皿。約ひと月に渡る長い間、スタッフが大切に手をかけてくださったものだから、そのあたたかな気配がしっとりと苔に残っています。
しつらい 広田千悦子  撮影 広田行正

■季節のものがたり展 はじまりました。葉山文化園

広田千悦子とめぐる「季節のものがたり」展開催中です。会場は葉山文化園さんの葉山芸術祭参加特別企画となります。
四季折々、一年を通した行事の中からいくつかをピックアップ。一年の行事のしつらいを一度に感じるなかなかない機会だと思います。どんなめぐりが日本の中に息づいてきたのかーー。感じる機会にしていただけると嬉しいです。

(入場無料)会期は4月21日〜22日、27日〜30日、5月3日〜6日、11日〜13日となります。10時〜17時

◇会期中にイベントも開催します。
【トーク&クルーズ】しつらいの説明をしてめぐります。
4月28日(土)・5月3日(木・祝)11時〜12時 参加費¥1500(税込・季節のお茶つき)

【トーク&お教室の体験】
4月28日(土)・5月3日(木・祝)14時30分〜16時15分 参加費¥3500(材料費¥1000)(税込・季節のお茶つき)

お申し込み・お問い合わせ  葉山文化園046−876−3188

ご参加おまちしております!

■中国版ができました!

『口福だより』(小学館)の中国語版ができました!日本版もデザイナーさんが可愛く仕上げてくださっていますが、中国版のデザインも新鮮です。中国で発売中、広田千悦子の文、イラスト、広田行正の写真で構成です。https://www.shogakukan.co.jp/books/09388359

季節のしつらい 祈りのかたち/第二期 秋谷教室のお知らせ

季節のしつらい 秋谷教室の募集です。
祈りのかたち/第二期

源流を学び、古典に触れ、一呼吸。
古の人々の思いに寄り添いながら、自然の素材を使い、
それぞれの祈りのかたちを季節のしつらいに託していきます。

秋谷教室の会場は
海と山に恵まれた築80年の日本家屋スタジオ秋谷四季。

ふしめに立ちどまり、一年のめぐりに身をゆだねる。
季節がもたらす力をうけとり、自分の軸とつながっていきます。

—2018年秋谷教室予定— (金曜クラスか土曜クラスをご選択ください)
①3月2日(金)・3日(土)  桃の節供 海と山にちなみ、桃の箱飾り
②4月6日(金)・7日(土)  花祭り 自分の小さな土仏をつくる
③5月4日(金)・5日(土)  端午 薬草の日に寄せたしつらい
④6月29日(金)・30日(土) 夏越の祓え 半年の祓え
⑤7月6日(金)・7日(土)  七夕のしたく
⑥8月10日(金)・11日(土) お盆 精霊を迎えるしたく
⑦9月21日(金)・22日(土) 月見 十五夜と十三夜
⑧10月5日(金)・6日(土)  菊の節供 菊の薬玉
⑨12月21日(金)・22日(土) 正月飾り
⑩1月25日(金)・26日(土) 節分 立春を迎えるために
※広田千悦子セレクトの甘と茶つき

【所】日本家屋スタジオ秋谷四季 定員各6名
神奈川県横須賀市秋谷2-14-18
横須賀線「逗子」駅 バス/車で約30分
【時】14時から16時半(内容により前後することもあります)
【教室代】 単発参加  ¥5000  各回材料費 ¥1500程度
10回通し参加 ¥45000
【お申し込み・お問い合わせ】 akiyashiki12@gmail.comまで
お申し込みおまちしております。 撮影 広田行正